No.73 オートアート 1/18 日産 スカイラインGT-R(KPGC10)

2024年6月製作開始

次のミニカーリペイントの依頼品は初代GT-R(KPGC10)、いわゆる「ハコスカ」というやつです。オートアートのレーシングタイプをベースにして走り屋仕様に改造されています。色は違いますが、漫画『シャコタン☆ブギ』のジュンちゃんのハコスカを思い出します。

製作記録

1/18の大スケールとあって、ドアやボンネットは全て開閉可能。フロントには精密に再現されたS20型エンジンが鎮座していますが、KGC10型のL型エンジンが乗っていれば完璧に一昔前の走り屋仕様になるなのですが・・・。

ボディの分解と塗装剥離

改造部①

ホイールはハの字シャコタンに改造され、パテで作ったオーバーフェンダーが付けられています。

改造部②

シャーシ裏には2本出しのサイレンサーが付けられていますが、なぜかエキゾーストのセンターパイプがついていません。

分解①

シャーシ裏にある小ネジを外してシャーシとコクピットを分解。ここまでは実に簡単なのですが・・・。

分解②

エンジン、内装などの分解完了。一般的なミニカーはネジやカシメで固定されているものが多いのですが、これは接着部が多く、傷つけずに分解するのに気を使いました。

分解③

ボディ側のパーツも分解完了。オートアート製品はミニカーよりもプラモデルに近い作りで、ヒンジ部には極小のネジが使われており、ほとんどのパーツは接着剤で固定されていました。

塗装剥離とパーツの補修

塗装剥離

ナトコスケルトンを塗って塗装剥離。塗料がモコモコ浮いてきて、スクレーバーでかき取るとボロボロと塗料が剥がれてきました。

ボディのリペイント

最終組み立て

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA