No.71 ハセガワ 1/24 スバル インプレッサ WRX

2024年4月製作開始(予定)

セリカ2000GT-Rと同じお客様からセットで注文をいただきました。かえる工房にとって「スバル」は旧陸軍戦闘機や「スバル360」の印象が強いのですが、90年台に入ると世界ラリー選手権(WRC)に本格的に参戦を始め、モータースポーツの世界でも一時代を築きました。『頭文字D』は「プロジェクトD編」に入った頃から読むのをやめたので忘れていましたが、主人公の父親の愛車も今回の依頼品の初代インプレッサです。

ハセガワのカーモデルはパーツ状態で見ると繊細なモールドが美しくすばらしいキットに見えるのですが、繊細すぎて扱いに注意が必要だったりプラモデルとしての設計に甘い部分があったりして、実際に組んでみるとストレスを感じることがよくあります。このキットも足回りの精度に問題があってアライメントがきちんと出ないというウワサを聞きました。スバル車の特徴は水平対抗エンジンですが、残念ながらこれはエンジンレスキットです。

製作記録

キットレビュー

パーツ一覧

パーツ数は約70点。

仮組み

塗装