No.76 タメオ 1/43 ティレル019(1990年モナコGP)

2024年7月製作開始(予定

ベネトンB186とセットでご注文いただいたティレル019です。

ネットでよく「ティレルが正しい、タイレルは間違い」という発言をよく見ますが、映画『ブレードランナー』のTyrrell社やGoggles翻訳では「タイレル」と発音しているところから単にアメリカ英語とイギリス英語の違いのようです。個人的には001〜008までが「タイレル」、009以降を「ティレル」と呼んでいます。ちなみに「ロニー・ピーターソン」も英語読みで母国のスウェーデン語に従うと「ペテルソン」となるそうです。

今回はタメオのキットナンバーTNK445とかなり新しいものなので、ヘタなプラモデルよりもよほど安心して製作できそうです。

製作記録

キットレビュー

パーツ一覧

デカール

組み立て

塗装

No.75 タメオ 1/43 ベネトンB186(1986年メキシコGP)

2024年7月製作開始(予定)

次のご依頼は1/43のF1メタルキット、ベネトンB186 メキシコGP仕様(ゲルハルト・ベルガー車)です。

それまでもティレルやアルファロメオのスポンサーをしていたイタリアのアパレルメーカー「ベネトン」がトールマンチームを買収。「ベネトン・フォーミュラ」として再スタートを切った最初のマシンがこのB186です。F1界ではよくあることですが、パッとなしない貧乏チームが強力な資金源を得て一躍有力チームに躍り出るという点では「フランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ→ウォルター・ウルフ・レーシング」なんかとよく似ています。

今回はタメオのキットナンバーTNK445とかなり新しいものなので、ヘタなプラモデルよりもよほど安心して製作できそうです。

製作記録

キットレビュー

パーツ一覧

デカール

組み立て

塗装